高性能化リノベーションで家を再生し、価値を高める

「思い入れのある家だからリノべして暮らす」「より条件のいい立地のために、新築ではなく中古リノベを選ぶ」「あえて古い趣のある家を購入しリノベーションする」 

リノベーションをお考えの方の想いは、様々です。

また、リフォームとリノベーションの違いは?とよく聞かれます。決まった定義はないのですが、

リフォーム    設備の入れ替え、内装(壁紙・床材など)の更新など、表面的な部分を元の状態に戻す工事

リノベーション  住宅そのものの基本性能(構造・温熱環境・空間)の改善まで踏み込み、新しい価値を造る工事

だと、私たちは定義しています。

基本性能を向上させ住環境を改善するためには、そのためのリノベーション工事が必要です。

「耐震性能」「断熱性能」「空間と素材」は重要な要素です。

耐震改修

耐震診断を行い、強度計算をした上で耐力壁・耐震金物の設置・屋根軽量化・基礎補強などの耐震設計・改修を行います。

断熱改修

断熱材の補強・入れ替えや高性能な窓に交換、内窓の設置など断熱性能を向上させる改修を行います。

空間と素材

建物を生かしながら居心地のいい空間に造り替え、素材を選びながらあなたにとって価値のあるものを目指します。

建物の現状を踏まえて、あなたがその住まいに求められるものと私たちからのご提案を基に、スケルトンの状態から、既存の状態で活かせるものは再利用し、新築と同じ性能が出せるくらいのリノベーションが可能です。

マンションリノベーションの場合も、給排水管の更新、断熱改修(断熱材・サッシの内窓設置など)することで、確実に実感できる、より快適な住環境づくりが可能です。

私たちは以前より、耐震改修など性能改善リノベーションに力を入れて取り組んでおります。「あなたにとっての価値を高める」ご提案をさせていただきます。

あなたの想いを、お聞かせください。

お気軽にお問い合わせください075-575-0170営業時間 AM 9:00 ~ PM 8:00

お問い合わせ