新築・リノベ建築費の目安

新築住宅の目安

住宅として完成させるために必要な費用として、

  • 本体工事費  建物本体の建築工事にかかる費用
  • 付帯工事費  解体費、地盤改良費・造成工事費、給排水引込工事費や分担金、カーテン照明費、外構・エクステリア費など
  • 諸経費    地盤調査費、設計・建築確認申請費、現場管理費、構造計算性能表示取得費、瑕疵保険料など
  • 諸費用    登記費用、銀行融資費用、火災保険料、印紙代など

よく坪単価いくら、という言い方をしますが、どこまで計算に入れているのか分かりづらく、延床面積なのか施工面積なのか、どこまでの工事を計算に入れているのか、によっても変わってきます。規格住宅であれば仕様や設備が標準で決まっていてプランの面積×販売坪単価で金額を出すケースが多いと思います。坪単価は、一つの目安として総額でいくらかかるか、をしっかりとご検討ください。

私たちの推奨仕様、設備が標準的な仕様の場合、「本体工事費」「諸経費」をあわせて

延床面積30坪(約100㎡)程度  目安金額 税込2200万円(税抜2000万円)

を想定しております。素材については、できる限り自然素材を使用したいと考えております。

古家解体費、地盤改良費、造成工事費、給排水引込費・分担金、外構エクステリア費と諸費用(登記費用など)は別途になります。

あなたのイメージやご希望・ご予算に合わせて、ご一緒に造っていきましょう。

リノベーション工事費の目安

リフォーム・リノベーションに必要な費用として

戸建住宅 延床面積100㎡(約30坪)程度の例

  • 水廻り(キッチン・浴室・トイレ・洗面)交換   約250万円~
  • 水廻り交換、クロス・床交換 ①         約450万円~
  • スケルトン 耐震・断熱改修・間取り変更 +①  約1000万円~
  • スケルトン 耐震・断熱改修・間取り変更 +①+屋根外壁交換 

約1400万円~    

  • マンション70㎡前後の物件フルリノベーション 約600万円~

あくまでも目安としてお考え下さい。選ばれる設備のグレード、使用する材料、建物の状況、外壁や屋根の改修方法によって金額は変わってきます。リフォーム・リノベーションの場合は、解体が手作業になるため、新築の解体に比べると少し割高になりますが、解体費用込みの金額になります。また、建築確認申請は必要ないのと、リノベーションのための登記費用はかかりません(増築があれば増築登記が必要な場合があります)。

リノベーションの際は、表面的に新しくするだけでなく、家自体を再生させるためにも、

「マンションであれば築年数によってきちんと給排水管の更新をする、断熱改修を検討する」

「戸建であれば1981年・2000年が耐震の建築基準が変わった年なので、それも踏まえてしっかりと耐震改修・断熱改修検討する」

私たちは、あなたの予算内でバランスを考えた、最適なご提案をさせていただきます。

お気軽にお問い合わせください075-575-0170営業時間 AM 9:00 ~ PM 8:00

お問い合わせ